> 3dsmax用プラグイン | アップデータ > [アップデータ] Thining Particles 4.0 for 3ds max

[アップデータ] Thining Particles 4.0 for 3ds max

Posted on 2012年5月2日 | [アップデータ] Thining Particles 4.0 for 3ds max はコメントを受け付けていません。

 

Thining Particles 4.0 SP4

コチラのインストーラーはアップデータになります。

  • SP4について

Autodesk/NVIDIAは、3dsmax 2012でMassFXの実行にPhysXの特定のバージョンと方式のシミュレーションライブラリを使います。そのため、外部アプリケーションが、PhysXを使うとコンフリクトを起こし、エラーが発生してしまいます。これを回避する方法はAutodesk/NVIDIAでは提供していません。そのために、これを回避するには次のことを行う必要があります。

thinkingParticles SP4をインストール後、下記のエントリを「環境変数」パスから削除してください。

  • “C:\Program Files (x86)\NVIDIA Corporation\PhysX\Common”
    上記のパスはWindowsがCドライブにインストールされている場合のパスになります。Cドライブ以外にインストールしている場合は、インストールしているドライブに置き換えてください。

作業手順は、通常のWindowsの「システムプロパティ」ダイアログから、「環境変数」オプションを選び、上記のパスを探してください。そしてそこから上記のパスを削除してください。なお、PhysXのdllが含まれているパスを全て削除してください。以上で作業が終了です。

Thining Particles 4.0 SP3

古いバージョンをアンインストールしてから、インストールしてください。

Thining Particles 4.0 SP2

Thining Particles 4.0 SP1

 

Comments are closed .